差がつく沖縄青の洞窟に関する知識

沖縄の青の洞窟へは、那覇空港から車で1時間半ほどのところにある真栄田岬を目指して行き、車以外の方法は、ありません。

沖縄の青の洞窟って、どこにあるの?どうやって行くの?

青の洞窟といえば、沖縄旅行をする上でも絶対に欠かせないスポットの1つ。

泳げないという方や、今までマリンスポーツは全くしたことがないという方でも、一度は足を運んでみたいところになっています。

大人気の青の洞窟があるのは、沖縄本島。

恩納村というところにあります。

恩納村は、沖縄の空の玄関口である那覇空港から車で1時間半ほど、那覇市内からなら1時間ほどで到着します。

そして恩納村真栄田岬を目指します。

真栄田岬は、展望台もあるのでわかりやすく、カーナビを使えばすぐに出てきます。

山田という信号機を曲がればもう少し。

サトウキビ畑を抜けると、1時間100円の駐車場が見えてきます。

真栄田岬は、沖縄の中でも人気の高いダイビングスポットで、多くの方人気があり、シーズンの週末ともなると、非常に多くの観光客やダイビング目当て、シュノーケリング目当てのお客さんたちが集まってきます。

その中でも、ひときわ人気を集めているのが、青の洞窟です。

真栄田岬は、東シナ海を一望できる沖縄海岸国定公園に指定されているので、非常に美しい景色と、神秘的な海の中の両方がじっくりと楽しめます。

透明度も高くて、生物も豊富にいるので、海の美しさを存分に楽しめるようになっています。

【参考】http://www.phoenixvilleadventure.com/

車以外で行く方法はないので、空港や那覇市内のレンタカーショップでレンタカーを借りていく必要があります。

沖縄を回るには、どうしてもレンタカーは外せないものになるので、旅行中ずっと借りているという方が便利でしょう。

そして身動きがしやすくなった状態で足を運ぶと、存分に楽しめると思います。

Theme author: http://thememotive.com. Engine: http://wordpress.org.